家庭教師

家庭教師をする上で生徒とどんな雑談を行えば良いですか?

    

家庭教師をする上で生徒と行う雑談内容とは

多くの疑問を抱えている女性のイメージ

学校の話を持ちかける

生徒が学生であれば学校のことを中心に聞くのが一番です。話しやすく盛り上がりやすいのもポイントです。どんな行事が控えているのか聞くのも良いでしょう。

学校に通うことは誰しもが通る道でもあり共通点として挙げやすいです。相手が小学生であれば、友達はどんな人がいるのか。

面白い先生はいるのか。など聞いても良いでしょう。家庭教師と生徒の間柄は距離が縮まった方が、何でも話しやすい仲になります。

わからない問題も気軽に聞きやすくなるので、雑談も交えて勉強の進行を進めるようにしましょう。

自分のことを話す

警戒心が強い生徒であれば自分のことを中々教えてくれません。なのでまずは自分の情報を話すことで警戒心を自然と解くことが出来ます。

ペットを飼っているようであればペットの話題。外食先で美味しいメニューに巡り会えた。などたわいもないことで大丈夫です。

相手も打ち解けてくると、話に突っ込んでくれたり、和やかな雰囲気を作ることが出来るでしょう。ですがあまり自分のことを話しすぎてしまうと、うるさい。しつこい。という感想を抱かれることもあるので注意が必要です。

流行りの話題を出す

テレビをつけると旬のお笑い芸人がたくさん出ています。流行りのコンテンツは、相手にも伝わりやすく非常に場が明るくなることでしょう。

〇〇知ってる?学校で〇〇は流行ってる?など問いかけることで話も広がります。相手もノってくれれば、真似してくれることもあるでしょう。

生徒の年齢層、性別にも寄せて、なるべく知ってそうな流行りの話題を持ちかけると答えてくれやすいです。

相手を褒めるところから始める

雑談を始める前に、生徒のことを褒める場面から始めてみましょう。褒められて喜ばない人はいません。最近成績が伸びてきたね。

など勉強に絡めても大丈夫です。そうする事で、相手のテンションを上げることに成功し雑談も弾みます。また、もっと褒められたいという意識を持てば勉強にも身が入るので一石二鳥です。